能勢妙見山ブナ守の会

カテゴリー: 環境
能勢妙見山ブナ守の会
寄付の使い道
〜一万年続く奇跡の森を守り次世代に引き継ぐ〜

1、ブナ林の日々の保全活動にかかる備品の購入や自然配植技能を持つプロフェッショナルの継続的な雇用と育成。
2、大学など専門知識をもつ団体と連携し、周辺を含む継続的な環境調査とブナ林の再生管理計画の策定。
3、妙見山のブナ林を保全する意義を多くのみなさまに知って頂くためのイベントや広報活動。

活動内容
日本人は古来より森とともに暮らし、特に妙見山のふもとの地域は1300年以上も前から森林資源を活用して持続可能な社会を築いてきた(日本一の里山)として知られています。ところが、その中にありながら一万年以上伐採されていない場所があります。それが奇跡の森「妙見山のブナ林」です。

戦後、スギ・ヒノキの植林のため、ブナ林の一部伐採があり、近年はシカの増加による食害や地球の温暖化による影響などでブナ林がどんどん縮小しています。
そこで、私たちは自然と共存しながらブナを育て、かつてブナ林だった場所を元の形に戻し、後世へと引き継ぐ活動を行っております。さらに、各種イベントを通して森に親しんでいただき、森が人にもたらす効用を感じ、持続可能な社会の実現に関心を持っていただけるよう取り組んでいます。

寄付の特典
1、感謝状や妙見山のブナの葉で作った「ブナしおり」を差し上げます。
2、ニュースレター「ブナだより」を送付いたします。
3、希望者は公式Webサイトへお名前を掲載いたします。

  • 能勢妙見山ブナ守の会
  • 能勢妙見山ブナ守の会
  • 能勢妙見山ブナ守の会