NPO法人 NOBEL

カテゴリー: 福祉
NPO法人 NOBEL
寄付の使い道
〜子どもを産んでも働き続けられる社会に!〜

7歳になる息子が事故で亡くなった事を機に夫がうつ病を発症し、自殺をしてしまう。残された妻は、地方の実家にも頼れず、1 人で2人の幼い子どもを育てることに。
今の日本は、子どもが病気の時に預かってくれる所がほとんどなく、子どもが熱を出すと保育園から呼び出しがかかり、仕事を中断せざるを得ない。欠勤が続くと仕事をクビになることも。
絶望の最中、ノーベルの病児保育サポートを知り、入会。「子どもの病気で急に休む事がなく仕事を継続する事ができ、子どもの教育費もなんとかなりそうです」とAさんは話してくれました。

大阪は全国一、ひとり親が多い街。
病児保育を通じて、大阪の子どもたちの未来に繋げるため、ご寄付を活用します。

活動内容
「子どもを産んでも当たり前に働き続けられる社会」を目指し、2010年2月~関西発の共済型病児保育事業を開始。
当日依頼にも100%お預かりを約束し、保育スタッフを自宅に派遣するサービスを提供しています。
安心・安全を徹底した同サービスは大阪市周辺エリアへ展開し、累計4000件の実績があります。
2013年より通常約8000円/月かかる病児保育サービスを、寄付を集めて約1000円/月でひとり親世帯に提供する「ひとりおかんっ子応援団プロジェクト」を開始。
大阪マラソン公式寄付先団体に3年連続で選ばれているほか、自治体や法人との提携により個人の経済的負担を軽減するな ど、社会全体で子育て世帯を支え、助け合いが連鎖する仕組みづくりを展開しています。

寄付の特典
◇月1回 メールマガジンを発行いたします。

◇年1回 活動報告書を送付いたします。

◇年1回 ひとり親からの感謝の気持ちが綴られたお手紙をお送りします。

  • NPO法人 NOBEL