社会福祉法人 海の子学園

カテゴリー: 福祉
社会福祉法人 海の子学園
寄付の使い道
〜子どもの尊厳を守りつつ、心身ともに養育されるよう努めます〜

●子どもたちの生活に必要な物品(電化製品・家具等)の購入や、住環境の整備にあてさせていただきます。

●卒業後の自立に向けて、マンションの賃貸契約や生活必需品などの購入にあてさせていただきます。

●奨学金を利用し専門学校・短大・大学へ進学した子どもの授業料や、20歳で施設を出た子どもの生活費にあてさせていただきます。

◯施設を出た後就職などにつまずき、行き場のなくなった子どもへの支援にあてさせていただきます。

◯施設の建て替え・地域小規模児童養護施設の開設等の資金の一部にあてさせていただきます。

活動内容
海の子学園には、児童福祉法に基づく施設でさまざまな事情により、家庭で生活することのできないおおむね2歳から18歳までの子どもたちが生活している児童養護施設「入舟寮」「池島寮」と、病気の治りかけで保育所等に通えないお子さんをお預かりする病後児保育室「げんきっこホーム」があります。

『わたしたちは子どもの尊厳を守りつつ、心身ともに養育されるよう努めます』という学園の理念を基本とし、施設長、事務員、 保育士、指導員、心理士、看護師、栄養士、調理員などの職員がそれぞれの立場で生活を共にしながら、子どもたちの自立を支援しています。

施設は子どもたちにとって生活の場です。
朝起きて、顔を洗ってご飯を食べて学校に行く。学校から帰ったら宿題をして、晩ごはんを食べてお風呂に入って寝る・・・、そんな何気ないあたり前の生活を積み重ねることで、傷ついた心と体を癒し、人を信じる心を育てていくことが目標です。

寄付の特典
◇年に2回広報誌を発行し、子どもたちの様子をお知らせします。

◇未来ある子どもたちの成長と自立をサポートすることができます。

  • 社会福祉法人 海の子学園